バードルーム(飼料試食班の小鳥部屋)日記

カナリヤさんが来ました

2017年11月18日


以前よりカナリヤ達はバードルームに居ますが、しばらく仲間入りがありませんでした。
ようやく今回、赤無フクカナリヤとレモンカナリヤが加わりました。

今は来てくれたばかりなのでさえずりは聞けませんが、時期がくればバードルームはもっとぎやかになると思います。

植物が再生してくれるよう

2017年11月15日


バードルームには各種植物が設置されております。でも小鳥さん達にかじられたりして傷みが激しいです。
ある程度痛んだ時点で、他の場所に移し再生してくれるようにしています。
その場所は北側と西側よりしか採光出来ませんので、今度天井に植物育成の蛍光灯を設置してみました、早く再生してほしいです。

ダイヤモンドフィンチ巣作り?

2017年11月13日


植物のゴールドクレストの根元からさかんに、大錦華鳥(ダイヤモンドフィンチ)が出入りしています。
この植物は根元まで葉っぱにおおわれていて、巣が何処に有るか解りませんので写真も撮れません。
他の鳥にじゃまされたくないからでしょうね。上手に隠れています。

チャボの思い出

2017年11月10日

以前、キクスイ鳥類専門店と言う小鳥ショップをやらせて頂いていた時、とっても人に慣れたチャボがいたことを、今月の投稿カレンダー写真を見て思い出しました。

そのチャボは、ずーっと一緒に私の肩に乗り続けていてくれました。
商売とは言え売るのがとっても寂しかった事を思い出しました。

太陽灯が故障

2017年11月8日

太陽灯が故障

いつも点灯しているはずのLEPライトが点灯していませんでした。
他の照明灯(紫外線が出る蛍光灯やLEDライト)は問題なしですのでLEPライトの故障です。

カナリアは特に日光浴を必要とします。
この為、わずかに射し込むガラス2枚越しの朝日を真剣に浴びています。早急に修理完了せねばなりません。

巣作り中?

2017年11月6日


止まり木用に張り渡して有ある麻ロープに、青輝鳥(サファイア)がペアーで止まっていました。
オスのくちばしには巣材にするためだと思われる植物の皮?繊維?がくわえられています。
錦華鳥等にじゃまをされてしまいますので、なかなかここバードルームでの巣引きは、繁殖成功できる迄には行けません。

オカメ・ラブバード専科が好まれています

2017年11月4日


中型より大きいインコさん達には特に『オカメ・ラブバード専科』が好まれています。
ここでは全ての鳥さんに対応したごはんが設置されいますが、本来フィンチ類用のごはんをインコ達が食べたり、『アサノミ』『オーストラリア小粒ヒマワリ』などのインコ系ごはんをフィンチ達が喜んでたべたりもしています。

粟玉 米玉 インコ玉子もててます

2017年11月1日

寒くなったせいか玉子入り飼料の消費が増えてきました。
特に目立つのは、インコ系の鳥さんがこれらのごはんを良く食べています。

玉子系飼料を作るきっかけは、当時、市販飼料には着色料を使用した商品が目立っていました。
私共は、これら添加物を使用した商品に疑問を持っておりました。その為自社で生産することで、納得の行く飼料を作ろうと考えました。基本材料 + 全卵だけで制作し、着色料・保存料は一切使用せずで当初から制作させて頂いております。

先見力が有るのかも

2017年10月30日

バードルームのベテランスタッフが言うには、バードルームの長老、ヒメコンゴウインコのヒメちゃんは、新規入社希望者がこの部屋に入った時、あまり長く続かない応募者には、その人が近づくとギヤーギヤーと鳴きわめくと言っていました。

新規応募者でも長く勤務していただけるような人には、ギヤーと鳴く様な行動はしないとの事でした。
やっぱりヒメちゃんには、小鳥に接する態度の違いが解るんですね。

カレンダーに付きまして

2017年10月27日

10月もいよいよ終わりにちかづきました。カレンダーも残すところ、11月12月の2枚になりました。
ご応募頂きました小鳥さん写真は、本当にどれもすばらしくて、もっと沢山の写真を掲載したい所ですが、そう致しますと一枚の写真がとっても小さくなってしまいます。
泣く泣く選別させて頂くしかありません。

今プレゼント中の2018年カレンダーも大変お喜び頂けております。配付期間中にぜひ既定の条件を満たしてゲットして頂けます様お願い申し上げます。
カレンダーは無くなり次第、プレゼント終了となります。

小鳥さんのごはん制作姿勢

2017年10月25日


私どもの小鳥さんのごはんを作る一番の姿勢は、あくまで小鳥さんにおいしく食べて頂けるごはんを作る事です。
お客様のご意見も参考にしつつ、鳥さんの為になるごはんを作り続ける努力をこれからもさせて頂き、お客様にも喜んで頂ける商品を提供していきたいと思っております。

バードルーム衣替え

2017年10月23日


最近めっきり気温が下がってきましたので暖房機を設置しました。
暖房を入れますと窓を閉め切ります。
すると、ここには鉢植の植物が入っていますので、そこから湿気が出て室内の湿度が大変高くなります。

暖房機を入れる時には常に除湿器も作動させないと結露が酷く、なにより小鳥さん達にも不快な思いをさせかねませんので、暖房機と除湿機は同時運転しております。

一人で出勤が出来ます

2017年10月20日


キヤットルームに保護されている 白ちゃん は、一人でエレベータに乗れます。
白ちゃん がエレベーターに乗ったら、人が行き先の階を押してあげれば、その後は 白ちゃん だけで目的階に到着すると上手に降りられます。
帰る時も同じで、帰りたくなるとエレベーターの前に座って待っていますので、人間がエレベーターを呼びに乗ったら元来た階のボタンを押してあげれば、また上手に降りられます。
今日の写真は システム部 まで出勤してきたところです。

卵詰まりの対処方

2017年10月18日

床に胡錦鳥がじっとしていました。
さっそく手当をと思いまして手に取ってみますと、お腹に卵が有るようでした。

まず第一段階の処置といたしまして、小さいケージに使い捨てカイロを入れその上に布を敷き小鳥さんを乗せ体を温めました。
しばらくすると卵を無事産んでくれて元気になりました。
今回はこれで問題解決しましたが、それでもだめなら至急獣医さんへ行きましょう。

ご見学大歓迎です

2017年10月16日

今までたくさんの方々にバードルームをご見学頂けました。
その折り、見学ノートにご感想をお書き頂けた(あくまで任意ですよ)中で一番多かったご意見は、 「本当に来て良かった、又もう一度来てみたいです。」 とのご感想が多かったです。

何度でもぜひお越し下さい、大歓迎させて頂きますので。

ただ、前日迄にご見学予約を必ずお取り頂けますことを宜しくお願い致します。

コキン鳥は元気です

2017年10月13日

ここバードルームには植物をいろいろ入れています。
コキン鳥は今日植木鉢の土をほじくり返して遊んでいました。

私は植物につぶ状の肥料をまこうと考えていますが、店長は小鳥さんが食べるといけないのでまかない方が良いのでは? との指摘です。
どちらが良いのでしょうか?

夏仕様から冬仕様に

2017年10月11日


最近、朝夕だいぶ寒さが増してきました。
小鳥さん達のごはんの食べる量も夏期に比べるとかなり増えてきました。
バードルームにはまだ暖房機は入りませんが、キヤットルームには今日から猫コタツを設置しました。

写真は夏仕様(左)と冬仕様(右)の比較写真です。

今年は巣を無しに

2017年10月10日


今年の春迄は巣箱やワラ巣を設置していましたが、ブリーダー様が先日バードルームにお越しいただけましたその時、
「巣類を設置するとどうしても縄張り争いが始まるので冬季に暖房が入るのなら、巣は無い方が良いのかも知れません。」
とのご指摘を頂けましたので、今年の冬は一度このやり方に挑戦します。

でも錦華鳥さんは植物を利用してペアーを組んでいます。

尾羽根の長い鳥

2017年10月6日


天人鳥や鳳凰雀は、長いきれいな尾羽根がはえてくると仲間のオス同士で相手を追い続けますが、冬毛に換羽するとケンカは収まります。

去年はこんな感じでしたが、最近では天人鳥が鳳凰雀をも追いかける姿が時々見られました。
やはり尾羽の長くなる鳥同士は、同じ空間では飼わない方がよいようですね。

挿し餌して育てたハト

2017年10月4日


今バードルームにいるウスユキバト(薄雪鳩)は、赤ちゃんの時より挿し餌で育てた手乗りでした。
でも自分でゴハンを食べられるようになったら、手には乗ってきてくれません。

成鳥になり卵を産んで、ヒナにも何度か育つた事も有りましたが、その成長過程でみんな落鳥しました。
親鳥が餌やりを途中放棄するためです。

最近又卵を産んでいるようですが、期待はできません。

Page 1 of 59 1 2 3 4 ... 59 »