バードルーム(飼料試食班の小鳥部屋)日記

日に日に大きくなってきています

2012年09月28日

文鳥のヒナは、昨日の朝には予定の数、5羽は全て孵りました。

今朝見に行くと、孵らなかった卵を中心に寄りかかり巣の中心に肌色の小さな山が出来ていました。 最後に孵ったヒナも他のヒナと同じように、しっかりと両足で立っていました。 とても健康そうなヒナばかりなので、大きくなるのが楽しみです。

シナモンパイドの仔がメスなのか、よく巣の入り口で見張っています。 巣の台にしている電気ボックスの上に、桜文鳥が門番の様に辺りをうかがう姿も頻繁に目にする事があります。 この桜文鳥は、同じ桜文鳥同士でいつも仲良くしていますが、年を取りすぎているのか、オス同士なのか卵を産んだ事がありません。

以前桜文鳥のヒナが孵るのを楽しみにしていたスタッフがいたのですが、残念ながら卵を産む事はありませんでした。
今まで結構年を取っていても、シナモン系文鳥・や金華鳥・カナリア・十姉妹など年を取ってからヒナが孵った事はありますので、少なくとも卵を産む事は出来たと思います。

餌はフィンチに合う『皮付餌』『ムキエ』『カナリヤ飼料』『粟玉子』『カナリーシード』『文鳥専科』『焼塩土ボレー』『ペレーフィン F2』などペレット系も食べさせていますし、秋草インコ・ロ-ズの為に『オカメ・ラブバード専科』も入れていて、これも気に入った物だけを選って食べています。 りんごや青菜類・ミルワ-ムも欠かさず食べさせています。

文鳥のヒナは半日に1羽のペ-スで孵っています

2012年09月26日

文鳥のヒナは昨日の朝2羽になっいていて、お昼までにもう1羽孵って3羽になりました。 今朝見に行くともう1羽が孵っていて、合計4羽になりました。

スタッフの一人が「待たされたぶん、急いで孵っていますね。」と言っています。 なるほど、そういった考え方ができるのか、と感心しました。

私の常識では、孵り始めると1日1羽ずつ増えていくものだと思っていましたから、待たされると半日ペ-スになるとは思ってもみませんでした。 昨日の時点で、他の文鳥の卵が混ざっていたのかなと思っていましたが、卵が2つ貯まった所から温め始めるので2羽同じ日に孵ったのではないか、といった意見もありました。

残すところ後1羽は今日の午前中に孵る予定です。 そんなに上手くいくのでしょうか。

文鳥のヒナが1羽誕生しました

2012年09月24日

今朝文鳥の卵を見に行くと、産んで2週間が過ぎていましたが、まだ何も変化はありません。

お世話をしているスタッフの一人が、ペア-の1羽が今年生まれの中の1羽だと言っていました。 そうだとすると、孵らなくても仕方の無いことだと思っていましたが、あきらかに孵りそうにも無い卵は1個有りましたが、孵っても良さそうな感じの色をしている卵は5個ありました。
「1個は駄目な色だけど、他のは孵っても良い色はしているんだけど、毎日熱心に卵を温めているので、あきらめるまではそのままにして置く事にしましょう。」と言う事になりました。

その後、バ-ドル-ムの掃除が終わるまでに、卵が1つ孵っていました。 「朝来てからお昼までにヒナが孵ったのは初めてだよねえ。」と言って嬉しそうにスタッフ達は話していました。 今回はヒナが孵るまで、毎日まだか、まだかと随分待っていたような気がします。 それだけに、今日のヒナ誕生は余計に嬉しく思われます。

バ-ドル-ムの小鳥達は、工場で製造した残りの餌や、賞味期限ぎりぎりの餌、過ぎた物、作った餌が何かの都合で脱酸素状態で無かった物等を食べてもらっています。 鳥達はしっかり食べて、元気いっぱいに飛び回っています。

皆様には安心して餌を与えていただけるものと思っております。

何か良い事が有りそうな

2012年09月11日

ca3h0163

近頃は朝夕とても涼しくなり、過ごしやすくなってきました。
辺りが薄暗くなり始める頃に、虫の音が心地よく感ぜられる様になり、とても心癒される気がします。

そんな今日の朝、私の小さな庭に、と言っても植木鉢で10個までですが、変化がありました。 クチナシの花が3輪ほど咲いていました。 香りがとても良いので玄関に降ろしました。 まだ沢山の蕾も有ります。 何と嬉しいプレゼントでしょう。

フィンチ部屋の文鳥の卵が今朝6個になりました。 文鳥は真剣に温めていない様ですが、巣の中に文鳥が居ない時は、十姉妹が中に入っています。 十姉妹と文鳥の共同作戦で、ヒナが孵る可能性が出てきました。 期待しちゃいますよね。

オ-ム部屋の三日月インコ・メスのルルちゃんも、長い繁殖行動の縄張り主張も無くなり、一息ついています。 秋が深まるにつれ、また始まるのでしょうね。

今の私は、気持ち的に秋真っ盛りと言ったところです。

文鳥の卵が3個になりました

2012年09月6日

フィンチ部屋の巣を全部取り外してしばらく経ちますが、電気ボックスの上だけは糞で汚れてしまわない様に、丸巣を置きました。 巣を1個だけ置くと激しい争いが起きる様になる気がしますが、以外にも力関係ですんなり決まる様です。

以前にもヒナを孵した事が有る、シナモンパイドとシナモンのペア-が卵を産み始めて今日で3個の卵になりました。 たくさんの巣を付けるにはまだ2ヶ月程期間がありますが、その間はずっとこのペア-が1個の巣を独占するのか、はたまた他のペア-に譲るのか、観察を続けたいと思います。

残暑は有りますが、朝夕は随分過ごしやすくなって来ました。 小鳥達もその時間帯に餌をしっかり食べられる様になって来たようです。

テルちゃんに新しい彼氏が出来ました

2012年09月1日

dsc_5520

今日バ-ドル-ムに夕方の掃除に行ってみると、セキセイ部屋に入っているサザナミインコ・メスのテルちゃんとアキクサインコ・ロ-ズ・オスのソ-ちゃんが、仲良く並んでお互いに羽繕いをしていました。

以前同じサザナミインコ・オスのクリちゃんと並んで止まり木に留まる所までは行っていたのですが、クリちゃんはセキセイインコが大好きで、どうしてもセキセイインコと仲良くしていたので、せっかくメスのテルちゃんが来てくれたのに、可哀想な事をしてしまったなあと、思っていました。 テルちゃんは、小さな頃はロ-ズと一緒に遊んでいたのでソ-ちゃんと仲良くなれたのだと思います。

ソ-ちゃんのお相手は同じロ-ズのアキちゃんですが、本当はフィンチ部屋に入っているオトメちゃんの方を気に入っていたのです。 オトメちゃんもソ-ちゃんが大好きだったんですが、とっても強引なアキちゃんには逆らえず、ペア-を組んでいました。 種類が違うのでアキちゃんにも追い立てられることもなく、しばらく二羽で仲良くしていましたが、暫くすると何事も無かったかの様に、別々の木に分かれて留まっていました。

もうそこまで恋の季節がやって来ています。 そうなると、食欲の秋です。 バ-ドル-ムの仔達も、一斉に餌をいっぱい食べてくれるようになると思います。