バードルーム(飼料試食班の小鳥部屋)日記

カナリアが囀っています

2013年02月21日

今週に入った頃から、1羽のカナリアが囀り始めました。

若いカナリアは初秋から囀り始めるのですが、半年サイクルで囀ったり休んだりを繰り返す内に、だんだん秋から囀る事が出来なくなってきます。バ-ドル-ムのカナリアも年を重ねるごとにずれていって、ようやく囀る期間に入る事が出来ました。 何時聞いてもカナリアの囀りは美しく、心を和ませてくれます。
「もうすぐ春がやってくるよ。」と知らせてくれているようです。
他のカナリアも囀る様になってくれると、合唱が聴かれて一段と聞き応えが出てきます。

この所の寒さは厳しい感じがします。
小鳥達も『カナリーシード』『ムキエ』を多めに食べる期間が、交互にやってきます。 寒い時期は『皮付餌』を食べるより、ムキ餌の方がいっぱい食べられるので、喜ばれているのでしょう。
春は直ぐそばまで来ているのでもう少しの間頑張って、いっぱい食べて欲しいと思っています。

セキセイインコに新しい仲間が増えました

2013年02月7日

dsc_6083

二日ほど前に、セキセイインコの若が6羽、新しく仲間入りしました。

色がとても美しく今まで居なかったスパングル種のブル-系とバイオレット系で1羽だけ体は白一色なのに目は黒い珍しい仔でした。 黒目になる為には、体の何処かに色が入っていないといけないのですが、よく見ても一枚も差し毛が無い状態でした。 大人になったり数年したら、何処かに色が出てくるかもしれません。

どの仔もまだ若鳥なので体が小さめですが、色々な餌を食べて先輩のセキセイインコの様に、立派な体に成長して欲しいものです。 そんな時には、『オーストラリア小粒ヒマワリ』をいっぱい食べてくれると、早く大きくなれそうです。

バ-ドル-ムで生まれた文鳥達も、オ-ストラリア小粒ヒマワリが大好きでいっぱい食べるので、巣立ちをすると直ぐに親鳥との区別がつかなくなります。 とりあえず、とてもカラフルになったセキセイ部屋に大満足です。

バ-ドル-ムはもう春がやって来ています

2013年02月2日

毎日の餌掃除の時に、セキセイインコ達が体にまとわりついて来るようになりました。 卵を産むための巣を探しているようです。

こうなると、小鳥同士で争いが多くなって来ることが悩みになります。

オ-ム部屋でも、モモイロインコのモモちゃんと、ズグロシロハラインコのカブちゃんが仲良く並んで、くっついています。 それを見ているアケボノインコのボノちゃんが、怒りをぶつけるのがスタッフ顔面です。 スタッフの顔面めがけて、すれすれを飛んでいます。
こんな調子で、バ-ドル-ム全体が騒がしくなってきました。

実際にヒナが増えるとしたら、フィンチ部屋のシナモン系文鳥達でしょうが、このところ卵は産むのですが、まじめに温める事が出来なくなっています。 寒さのせいで巣の中でじっと座って居る事が、苦痛に感じるのかもしれません。
実際に春がやって来て気温が15度位になってくると、子育て一途になってくると思います。

よく馴れた文鳥の可愛さは特別ですよね。 そんな想像力だけで顔がゆるみます。