バードルーム(飼料試食班の小鳥部屋)日記

飼い鳥のお役立便利B00Kが発行されました

2013年03月26日

book_20130326

飼い鳥に関しての鳥の種類・品種、グッズ、フ-ド、ショップ、医療、サ-ビスの総合カタログの本「飼い鳥のお役立ち便利BOOK」が発行されました。 私共も少し協力させて頂いておりますが、おおよその問題点など知ることが出来ます。

これから新しい種類の鳥を飼ってみたいと思っておられる方など、事前に知る事が出来て大変便利です。 この本を見ていると、お店をやっていた頃にほとんどの鳥をお世話していたことを、色々思い出すことが出来ました。

平均寿命も載っていますが、手乗りで大切に飼って頂くともう少し有るように思います。

いつも餌を買って頂いているお客様の鳥も老衰になると、たとえばセキセイインコで23年生きていた仔は、飼い主さんが朝「お早う。」と声を掛けると頭を持ち上げて見せてくれますが、1日のほとんどを首を下げて寝て過ごして居たように聞いています。 時々生きているのか心配になって「生きてるかい。」と声を掛けられると、朝と同じ様に頭を持ち上げてくれたそうです。

もう1羽35年飼われていたオカメインコは金庫番が大好きで、貯金箱の所でお金を入れると喜ぶのですが、出そうとすると怒って来た仔がいました。 どちらの仔も最後は殆ど目が見えなくなっていても、いつも同じ所に餌や水を置く事で、何の不自由も無かった様です。

これだけ長生きをしてくれると次の仔に期待しすぎる様で、居ないと寂しいし、どうしても比較してしまうようで、最初ちょっと苦労をしてみえるようです。

こうした問題は、種類を変えて飼うことで結構クリア出来るようです。

オカメインコはセキセイインコに負けました

2013年03月21日

dsc_6168

先日朝の掃除に行くと、1羽しか居無いオカメインコのメスが血まみれになり、他の仔も羽根がぬけたりしている仔もいました。 これもオカメパニックと言うのでしょうか。

お店をやっていた頃は1年に1回程度有りましたが、こちらに越してきてからは部屋が大きくなって無かったのですが、突然おきました。 お店の頃はオカメインコがどんどん入れ替わるので、前から居る仔より強いオスが入ってくると、ボスの座を争って大惨事になるものだと考えていました。 でも今回はオカメインコの移動は無かったので、考えられなかったのですが、この前にセキセイインコが2回にわたって入ってきて、オカメインコ・ノ-マル・オス2羽が餌場を追われ、奥の止まり木を縄張りにしていた3羽のグル-プといさかいが起きた様です。 直接的にはセキセイインコともめた訳では有りませんが、最初にオカメインコが餌場を取られた事が原因です。

セキセイインコも『オカメ・ラブバード専科』の餌が大好きで、その周りには『ムキエ』『皮付餌』も置いてあるので、気の強い者勝ちと言った所でしょうか。 これ以上もめるのも困るので、とりあえず負け組の3羽は気が弱いと言うことで、フィンチ部屋で生活してもらいます。

文鳥のヒナも随分大きくなってきて、パニックになって落鳥する事は無いと考えています。 皆仲良く平和に暮らしてもらいたいものです。

文鳥のヒナが、随分大きくなりました

2013年03月14日

dsc_6158

今朝文鳥の巣をのぞくと、小さかったヒナが随分大きくなっています。 大きな方のヒナは、白とベ-ジュの棒毛が生えてきていました。 シナモンパイドの様です。
小さい方のヒナはまだピンク色の肌のままですが、のぞき込んだ刺激で首を左右に振っていました。 成長は順調な様です。

そろそろ手乗りにするには良い時期に来ていますが、ヒナの面倒が見られないので、このまま親鳥に面倒を見てもらう事にします。

ヒナを育てる時の可愛さは格別です。 一度お湯で洗った『手のり専用ムキエ』『ブンちゃん・ベビー・F』を混ぜ、熱いお湯をそそいで指で温度を測りながら育ての親を使って食べさせますが、2~3回食べさせるとトントン突き込む振動で反射的に上に向かって口を開け、首を左右に振ってアピ-ルするようになります。 その仕草のかわいらしい事と言ったらありません。

こうして想像するだけで、とっても嬉しくなります。

文鳥のヒナが孵りました

2013年03月2日

dsc_6132

冬の訪れと共に、文鳥の卵が孵らなくなっいましたが、三寒四温の季節と一緒にヒナの誕生となりました。
今までもずうっと卵は産み続けていたのですが、色々な文鳥ペア-が1つの巣に卵を産んでいたので孵ることが無く、もう孵ることが無いものだと注目する事が無くなっていました。 2日程前に、1羽のヒナが巣の外に放り出されて落鳥しているのを発見して、巣を見てみると、まだ2羽のヒナが残っていました。 卵は2~3個残っていますが孵らない様に思います。

今でも色々な文鳥が出入りをしているので、誰のヒナなのかわかりませんが、しっかりと2本の足で立っているので、このまま順調に育ってくれると良いなあと思っています。 また今日から寒い日になりましたので、『ムキエ』『粟米玉子』を多めに入れてやろうと思っています。

dsc_6119

昨日、セキセイ部屋に、黄色ハルクインの若鳥も4羽仲間入りしました。 この仔達は順応性があり、すっかりセキセイ部屋にとけ込んでいます。 春の訪れと共に若い小鳥達がやってきてくれて、一段とにぎやかになってくれる事でしょう。