バードルーム(飼料試食班の小鳥部屋)日記

新しい本が発売しました

2013年06月24日

cb19

6月18日にコンパニオンバード No.19が発売されました。 飼い主さんのお悩み解決となっております。

中は、太りすぎてしまった仔や、かみぐせがある仔など、どうしたら良いのか困っていらっしゃる事の対処法等が載っています。 写真はとてもきれいに写っていますし、イラストもわかりやすく書かれています。 色々為になるお話も有ります。

私も、なるほどと思い当たる出来事がありました。 日中暑い日でも、朝晩は寒いほどの時が有りますから、バ-ドル-ムは会社がお休みの日でも、窓を開けたり閉めたり調節をしているのですが、朝オ-ム部屋に入ったときの事です。 ズグロシロハラインコのカブちゃんが目の前にやって来て、仲良くしたそうだったので手のひらを上にして差し出すと乗ってきました。 いつもは、えさを手渡しする程度になっていたので、久しぶりだなあと思ったら、ガブッと手のひらに噛みついて逃げていきました。 繁殖期でも有りますし、遊んでやってもいないので、こんなものかなあと思っていたら、本の中に答えが有りました。
納得です。
カブちゃんはその後、私に背中を見せないようにあとずっさりを続けてやっていました。
とてもかわいい姿でした。

オカメインコのペア-が仲間入りしました

2013年06月20日

dsc_6184

昨日の午前中にオカメインコのペア-が、バ-ドル-ムの新しい仲間になりました。 ノ-マルのオスとシナモンのメスです。

オスはチロルちゃんと言い、メスはテンシちゃんといいます。年齢は5歳ほどです。
10月4日に生まれたので、10(テン) 4(シ)で、テンシちゃんだそうです。

2羽とも馴れていてテンシちゃんはより馴れが良いようです。 セキセイ部屋の住人になったのですが、驚くこともなくすんなりと仲間としてとけ込んでいます。

今朝も見に行ったのですが、手を差し出すとじゃれたり乗ったりしてきました。『オカメ・ラブバード専科』『オームスペシャルP』をいっぱい食べて元気に長生きして欲しいものです。

カナリアはまだ囀ってくれています

2013年06月11日

随分暑くなってきたので、そろそろ丸巣を外したいのですが、十姉妹のヒナが3羽孵っていて、一番大きなヒナは少し羽根が生えだしてきています。 この仔達が巣立ったら、巣を外します。

カナリアの卵は、やはり孵る事は出来なかった様で、無くなっていました。 でもオスのカナリアは、まだ発情期が終わっていないらしく、良い声で囀ってくれています。 『カナリヤ飼料』は、結構皆に喜ばれているようで、段々白くなっていくので、『ナタネ』『ニガシード』『白エゴマ』など、時々追加をしています。
『文鳥専科』『オカメ・ラブバード専科』も、そのままにしているとおいしい物から無くなっていって、最後は『皮付餌』と同じようになってしまうので、皮付き餌と一緒にする事があります。

あまり頻繁にやっていると太り過ぎてしまうので、小鳥達の状態を見ながら与える様にしております。