バードルーム(飼料試食班の小鳥部屋)日記

食欲旺盛になってきました

2013年10月22日

風に乗ってキンモクセイの香りが心地よい季節になってきました。
暑さが一段落すると食欲が回復して、餌掃除をしている時に実感が湧いてきます。

特に夕方の餌掃除の時には、夏の間に感じていた「餌は食べているのかなあ。」と思う程の殻の無さから、一転して気持ちの良いほどに増えて来ています。
皮付き系の餌と同様に、『オームスペシャルP』『ヒマワリ』・ペレットもいっぱい食べてくれるようになりました。 夏が暑かった分冬が寒くなる様ですので、コ-トを着る分も食べなくてはなりません。

繁殖の為の準備はいらないのですが、小鳥的には必要な事ですので、食べることに一生懸命になると思います。

セキセイインコが卵を産み始めました

2013年10月8日

すっかり秋の気分になっているセキセイインコ達は、卵を先日から産み始め昨日の時点で2個になったのですがいずれも割れていたので、捨ててしまいました。

フィンチ部屋のオカメインコ用に付けている餌入れの中に、巣作りをしている仔がいるのですが、十姉妹なのか文鳥なのかと思っていたら、どうも文鳥の様でした。 巣材に選んでいる物がオカメインコの羽根が多く、1羽しか入っていないホワイトフェ-ス・ノ-マルオスの羽根を、直接抜き取っているのではないかと思うほどです。 卵を産んでいる訳ではないので、巣材は毎日掃除の時に捨てられてしまっています。

dsc_5378

今朝もバ-ドル-ムに入って行くとヒメコンゴ-インコのヒメちゃんが、かた羽根を広げて「ほ~ら、ほ~ら。」とアピ-ルしてくるので、「ヒメちゃんすごいねえ。」「大きいねえ。」と大げさにほめて、大好きな大粒な『ペレメイト F8』『HOTペレット F6』を手渡しで食べさせると、一つづつ手で持って食べていました。
とても満足しているように見えます。
何時もおしゃべりの練習をしているのだから、少しはお駄賃を上げないと励みにならないですよね。

セキセイは繁殖活動を頑張り過ぎです

2013年10月1日

秋もすっかり本番を迎え、セキセイインコ達は何処か巣を作る所はないかと、部屋の中をやたらとかじります。

今回は、床の防水と壁の接合部分を背が届く範囲をかじりまくり、ついに東面を一列 はがしてしまいました。 これから冬に向かい結露が入り込む前に対策をしなくてはと、ステンレスの幅広はばきを貼り付けました。 フィンチ部屋も一緒に付けて、バ-ドル-ム全体のバランスは良くなりました。

夏の間は日中暑すぎて餌を食べられなかったのが、随分過ごしやすくなってきて、食欲も旺盛です。 だんだん『オーストラリア小粒ヒマワリ』『カナリーシード』と言った脂肪分の高いシ-ドも食べるようになってきています。 勿論今まで食べていた皮付き系やペレットも、今まで以上に食べる様になっています。

体力が付くと、繁殖に熱心になります。 午前中の掃除の時はスタッフにくっついて、ポケットやエプロンの隙間等に潜り込んで、何処かに卵を産めないものかと真剣に探しています。 隣の部屋に連れて行かないように、注意をしなければいけません。