バードルーム(飼料試食班の小鳥部屋)日記

暑いか雨が降るかのどちらかです

2014年06月23日

今年の梅雨は何だか変です。
とても暑いか雨が降るかのどちらかで、梅雨独特のしとしと降りではなく夏のスコールの様に降ってくる事があります。 小鳥達もこの天気に付いていくのは大変だと思います。

最近の餌の好みは、『焼塩土ボレー』『HOTペレット F2』を混ぜたペレットを好んで食べているようです。 暑くなってきたので、塩分と香辛料が必要の様です。

オウム部屋の三日月インコ・ルルちゃんは、ほとんどペレットだけで済ませているようです。 でも縄張り意識が強いのでペレットの入れ物だけでなく、近くに置いている『ヒマワリ』『オカメ・ラブバード専科』も独り占めしたくて、近寄ってくる鳥達を追い払うのに夢中です。

シロハラインコのカブちゃんは、最近床掃除をしている時にモップに乗るのが好きな様でモップを動かしても片道くらいは乗っているようです。 足がひんやりして気持ちが良いのでしょうね。

セキセイ部屋はいつまでも紙をかじる事から卒業できません。 相変わらず床に敷いている紙や、止まり木の下にある紙は虫に食われたようにボロボロになっています。

毎日こんな感じで生活しているようです。

小鳥もけだるい季節です

2014年06月10日

今朝は小鳥達も体がだるいのか、止まり木で目を閉じている仔達をよく見かけました。

ホワイトフェースのオカメさんは、頭をかきかけのまま固まっていました。 夕べ熟睡できていないのか23時頃に窓を閉めに行くと、まだ小さな声で鳴いている仔達が結構いました。 こんな夜の後は眠気に襲われているのでしょうか?

そんな中、元気に動き回っていたのが金華鳥のオスでした。 ゆきのしたの巣が出来て以来、心おきなく休めるのか羽根のツヤも良く、少し大きくなった気さえします。

文鳥達は十姉妹と、巣になりそうな場所で小競り合いが起きていて、お互いのくちばしで傷つけ合う様な事になってしまいました。

それ程の場所が有るわけでもないのですが。 今の時期は、餌入れに残った餌にカビがこない様に少な目に入れるように心がけています。

急に暑くなって小鳥達にも変化が出てきました

2014年06月2日

今年は気温の変化が一段と激しく、この所の異常な暑さに私達も付いていけない程なので、小さな小鳥達も大変な思いをしているようです。
風通しの良い網戸の所で余り動かないようにしているのか、サッシのレールに沢山の糞が付く様になってきました。
餌の食べ方にも変化が現れてきて、オウム部屋では、ペレットが好まれる様です。 とりあえず口に運んで、ぼんやり食べれば良いからでしょうか?

セキセイ部屋やフィンチ部屋では、皮付き餌が好まれる様で、皮付き餌に含まれる『カナリーシード』は食べているのですが、単品で入れてあるカナリーシードは食べられなくなってきました。 単品だと脂肪分が多く、味がくどく感じるのでしょうか?

セキセイが一年を通して好んで食べるのが、皮付き餌に『オーチャードグラス』を半分程加えている餌です。 部屋に持って入ると直ぐに餌入れの縁に飛んできて留まり食べ始めます。 草の匂いが魅力的なのでしょう。 とにかく、皆無事に夏を乗り切って欲しいと思っています。