バードルーム(飼料試食班の小鳥部屋)日記

暑すぎると小鳥達も餌を食べていません

2014年07月29日

先週はとても暑い日が続いていたので、小鳥達も夕方になるまで餌をあまり食べる事が出来ません。

金曜日の日はどの部屋の仔達も、夕方までにミルワームと白菜は食べてありましたが、オウム部屋ではそれ以外で一番食べていたのが『さや付きピーナッツ』で、セキセイ部屋とフィンチ部屋は皮付餌系を少し食べていただけでした。 それでも朝になればいつもの様に、沢山の食べかすが床に散らばっていたので、真っ暗になる前に急いで餌を食べていたのでしょう。

暑さをしのぐ為に風通しの良い場所で、脇を少し広げて体温を逃がす様にしていたり、文鳥や十姉妹のように頻繁に水浴びをする仔達もいます。

水浴びで一番かわいいのはサザナミインコの水浴びではないでしょうか。 水深の浅い場所や濡れた白菜の上で、ゆっくり仰向けに寝て少し体をゆすって水につかる様子は、私の見た小鳥の水浴びの中では一番の感動ものです。

実際、川の中で自分が同じ格好をしたらどんなに気持ちの良いものか、子供の頃を振り返って思い出す事ができます。 小鳥たちも暑さをしのぐために、色々努力をしています。 頑張って夏を乗り切ってもらいたいと思っています。

昨日は少し涼しかったので小鳥も元気です

2014年07月4日

昨日は連日の暑さも少し和らいだので、小鳥達にも変化がありました。

暑い日のオウム達の食事はペレットと『焼塩土ボレー』が主になりますが、昨日はそれ以外にも、『オームスペシャルP』『オーストラリア小粒ヒマワリ』をよく食べていました。 どの部屋も暑くなってからは、塩土ボレーの消費が増えております。

フィンチ部屋は一番北の窓側なので朝掃除の時、小鳥が外に逃げられない様に閉めるカーテンを束ね、少し上に持ち上げる様にたるみを付けておくと、そのたるみの部分に十姉妹と文鳥が交代で涼を取っている姿を見受けました。 私達が居ない時も風があれば、窓辺に並んでいるのではないかと思います。

涼しく過ごす工夫をしているのだなあと思いました。