バードルーム(飼料試食班の小鳥部屋)日記

昼間のバードルームはとても静かです

2015年01月15日

普段は午前中か夕方に小鳥達のお世話をするので、昼下がりの小鳥達がどんな過ごし方をしているのか余り知らなのですが、二時半頃にバードルームを覗いてみると、ほとんどの仔達が止まり木の上で何となく起きている状態で、朝夕の活発な感じではありません。 特に今日は外も雨で薄暗く、はしゃいで遊びたい感じではありませんでした。

三つの部屋を回ってみると、オウム部屋のズグロシロハラインコのカブちゃんだけが網戸でいたずらをしていました。 「カブちゃんやめて。」と言うと一瞬動きを止めるのですが、直ぐに同じ事を繰り返していました。 その悪戯もいつもほど力いっぱいではありません。

部屋を出る前に床に落ちていたさや付きピーナッツを、直ぐ上の止まり木で私を見ていたヒメコンゴウインコのヒメちゃんに手渡しすると、その場で食べ始めました。 もう少しすると、夕方の餌を食べる時間になります。 それまでは、夏場でならお昼寝の時間です。 そっと部屋を出て行く事にしました。

では夕方の餌はどんな物から食べ始めるのでしょうか。 今まで夕方の餌掃除に行っていて感じる事は、始めは好物からでしょうが、とてもお腹がすいている時はムキ餌系からでしょう。少し満足をすると、口当たりの良い『カナリーシード』『オーストラリア小粒ヒマワリ』、ペレット等に行き、後はゆっくり皮付き餌系を食べる様に思います。

あくまでも私が感じただけですので、違っている仔達も沢山居ると思います。 たとえばセキセイインコで、『ニューオームスペシャル』の中の『玄ソバ』『アサノミ』を食べる仔もいます。 殻を剥くのは大変ですが、美味しいと感じる物は止められません。

ご挨拶が遅れまして大変申し訳御座いません

2015年01月8日

ご挨拶が遅れまして大変申し訳御座いません

皆様、新年明けましておめでとう御座います。

今年の希望・目標は、「オーストラリアが天候に恵まれ、品質の良い原料が入ってくる様になる」、これがまず第一です。
その次が、去年より押し進めている「優れた人材確保」。
次に、「設備の充実」。
今年はこの三点をより良い方向に押し進めて、皆様に品質の良い商品を提供出来ます様にと考えております。 毎年何か一つは前にと頑張ってはおりますが、なかなかお客様にご満足頂ける様には成っていませんが継続は力なりで、今年も目標に向かって従業員一丸となって頑張りたいと思います。
より一層の御愛顧を頂けますよう、伏してお願い申し上げます。

今年は寒さと共に幕をあけましたが、バードルームの面々はそれぞれ頑張っています。
特にヒメコンゴウインコのヒメちゃんは、歯がためで遊ぶのが大好きで、遊びながら言葉の練習をしています。

一度覚えた言葉や「ハトポッポ」は修正をしたりはっきり歌うことはできませんが、普段声を掛けている言葉を話せるように、ぶつぶつ言っております。
とりあえず、なかなかしっかりと言えなかった「ヒメちゃん。」だけは上達したなあと実感出来るようになってきました。
会話が出来るようになると嬉しいなあと思います。