バードルーム(飼料試食班の小鳥部屋)日記

再び巣箱設置

2018年10月19日

巣箱設置

オカメインコ


文鳥と錦華鳥達

今度、三日月インコのペアーがバードルームに来てくれました。
今まではケンカ防止の為巣箱は設置していませんでしたが、もう一度中型インコさん達の繁殖に期待して中型インコ用横巣を設置しました。
最初巣箱に寄って来たのは、文鳥 錦華鳥 オカメインコ達ばかりです。
天女インコや三日月インコに期待しているのですが…。


侵入鳥を見つけました

2018年10月17日

秋草インコ(ローズ)

文鳥


繁殖部屋の弱い鳥さん達がの巣に危害を加える種類の鳥さんは、大部屋に分けて飼育しています。

繁殖部屋には入れていないはずの文鳥がいつの間にか紛れ込んで、今日秋草ローズが文鳥をクチバシで攻撃して出ていくようにと言っているようでした。
さっそくタモで捕獲し、文鳥は大部屋の方に戻しました。

フィンチ類は同一行動?

2018年10月15日

鹿ノ子雀

ダイヤモンドフィンチ


先日、鹿ノ子雀の雄鳥が巣材をクチバシにくわえてピヨンピヨンと踊り、さかんに雌鳥にアピールしていました。

今日はダイヤモンドフィンチの雄鳥が鹿ノ子雀と同じ行動をしていました。
フィンチ類はみんな雌鳥に対してのアピール方法は同じようですね。

十姉妹について

2018年10月13日


一般的に一番繁殖がたやすいと言われています十姉妹が、ここでは一度も繁殖行動を致しません。


原因は空間がその鳥さんにはあまり広すぎるか、又は色々な鳥さん達の混合飼育がいけないのかも知れません。
繁殖の難しそうな鳥達はけっこうここでは卵を産みますが、簡単に増えそうな種類の鳥達はここの飼育条件ではかえってむつかしいのかも知れません。

色変わりの雛誕生

2018年10月11日

今回の雛たち


巣引き二回目のキンセイ鳥の雛は今回4羽生まれました。


中央が色変わりの雛


その中の一番後に巣立つた仔は他の3羽とは違い体色が写真の様に薄い色合いです。
胸の黒い模様も有りません、成鳥になるとどんなきれいな鳥さんになるのかと、いまから楽しみです。

やっと来てくれました

2018年10月9日

ミカヅキインコ(三日月インコ) オス

ミカヅキインコ(三日月インコ) ペアー


以前からほしかった三日月インコのオスがやっと来てくれました。
送られて来た箱からバードルームに放つと、ここの環境に慣れるまではガラスに衝突する可能性があり、最初の日はいつもこわいです。
しかし、すぐガラスの存在を理解してくれました。それからオーストラリア小粒ヒマワリをバシバシ食べ始めました。

輸送疲れを癒して、ゆっくり休んでください。

季節が変わり始め

2018年10月5日


カナリアさんが、さかんに囀り始めました、すばらしい鳴き声にうっとり聞き入ってしまいます。



また最近は朝方は寒いです。コキンチョウ(胡錦鳥)の老鳥が震えていましたので、升箱の底に使い捨てカイロその上に新聞を敷いて、その中に水やごはんを設置してみました。喜んで暖まっているようです。
がんばって元気になってほしいです。

巣が危ない

2018年10月3日


今回、シュバシキンセイチョウ(朱嘴錦静鳥)の巣は、枯れ始めたゴールドクレストに作られました。
この植物は暑さに弱いらしく、今年の猛暑で全部かれてしまいました。

雛鳥達が巣立つまでに巣が落ちずに持ちこたえるかどうか心配ですが、雛鳥はここまで育ちました。
あと少しですので巣が持ちこたえる様ただ祈るだけです。

2018年10月のカレンダー

2018年10月1日


2018年カレンダーも後3枚になりました。

みんなとってもかわいい写真ばかりですが、赤いインコさん(ポピイちゃん)はすばらしいですし、階段にそろったチャボちゃん達のショットは撮影がとっても苦労されましたと思います。
この様なすばらしい写真をご投稿頂けましたこと、深く感謝させていただいております。

鳳凰雀の仲間は

2018年09月29日

赤肩鳳凰雀

赤肩鳳凰雀


アカガタホウオウジャク(赤肩鳳凰雀)は今が一番羽艶が良くなる時期のようです。なかなか下の方には飛んで来ませんので、写真を撮るのがむつかしい鳥さんでその美姿をなかなか写せません。ビロードの様な真黒な羽毛の中に橙色の様なポイントが気品を高めています。

左)鳳凰雀  右)天人鳥


他の鳳凰雀も以前より立派な尾羽根が生えてきました。やはりこの種類の鳥さん達は夏が一番きれいになる様です。

食欲が旺盛に

2018年09月27日


まだまだ暑い日が時々ありますが、小鳥さん達の食欲が次第に増してきました。食欲の秋ですね。
特に『赤材ムキエ』 『赤オカメ・ラブバード専科』 『赤皮付餌』 『粟玉子』 『焼塩土ボレー』の減り方が目立ちました。
『焼塩土ボレー』はウズラ達がその中で浴びていたそうです。との報告も有りましたので、その影響もありそうですね。

色付き始めました

2018年09月25日

仲良しひな鳥3兄弟

少し前の家族写真


今回誕生したシュバシキンセイチョウ(朱嘴錦静鳥)のヒナ達のくちばしが、三羽とも黒色より橙色に変化して参りました。
名前の通りな色ですね。
生まれた時は錦華鳥のヒナとそっくりでした。

今では親鳥は次の産卵育雛に忙しくてもう面倒は見てないようで、雛たちだけで仲良く集団行動をしているみたいです。

全員集合

2018年09月20日

みんな仲良し

手に寄ってきます


白姫ウズラさん達は、ここへ来てくれた時はみんな人には慣れていませんでした。
でも、最近ではごはんを持って行き、
「白ウズラちやーん、いらっしゃーい」
と言うと、全員寄って来てくれます。

色々なごはんは常時設置されていますが、こうして声を掛けただけで寄って来てくれる姿は、とってもかわいらしいです。

只今プレゼントしてます

2018年09月18日

2019年カレンダー表紙

2018年9月 カレンダー


2019年小鳥さんカレンダーをプレゼントさせて頂いております。
このカレンダーは、オリジナルカレンダーですので既製品に比て制作費が格段に高額になります。

飼料をお買上げいただいているお客様に限り、1部 1500円で 販売させていただいております。
1500円という価格にもかかわらず、連日プレゼント品の他にご購入頂けております。
制作するのは大変でしたが皆さま方にお喜び頂けまして、とてもうれしいです。

また巣作り?

2018年09月14日

成鳥

この中にいます


シュバシキンセイチョウ(朱嘴錦静鳥)と思われる鳥さんが、植木(ゴールドクレスト)に、上手に巣草を使い巣作りしその中にすくんでいます。
上手く行けばまた繁殖できるかも知れません。無事にヒナ鳥が孵るようみんな応援しています。

ミーちゃんが教えてくれました

2018年09月12日

新入りウズラたち


今年の新入り白姫ウズラ達は、ここへ来たときは手乗りではなかったですが、先輩のミーちゃんが飼育スタッフに良く慣れた様子を見せてくれ、人は怖い存在では無いことを教えてくれた様です。


手に寄って慣れました


今では全鳥が人が手を差し出すと近づいてくれるようになりました。

ほんのり色づき始めました

2018年09月10日


黒くちばしより赤に変わり始め


巣立ち間もない時



この前生まれたシュバシキンセイチョウ(朱嘴錦静鳥)のヒナ鳥のくちばしが、ほんのり黒色から赤く変わり始めました。
今は一羽だけですが、これから他の二羽も順次きれいな赤いくちばしに成ると思います。
とっても楽しみです。

集団行動します

2018年09月7日


最近 ウスユキバト(薄雪鳩)はみんな集団で行動しているみたいです。一羽が飛び立つとそれに続きみんな群れになり一緒に飛んで行き、なかなか壮観な感じがいたします。



又、ウスユキバト(薄雪鳩)レッドが足を痛そうにしていましたので、調べてみますと足が白くなっていました。
原因は解りませんが毎日足のマッサージをしましたら快方に向かいました。

ごはん置き場を教えています

2018年09月5日


8月の始めごろ?孵化した三羽のシユバシキンセイ鳥のヒナ鳥を、最初の頃は雄雌両親で面倒を見ていましたが、最近は雌鳥だけが付き添っています。

今日は赤材ムキエの所へヒナ鳥を連れて行き、ここで食べるようにと教えていました。
そして先日には初めてヒナ鳥が水浴して体がずぶぬれになっていました。
ずいぶん成長してくれました。

カレンダー写真採用特典について

2018年09月3日

2019年バードカレンダーのプレゼントが始まっています。

先日も写真入選されましたお客様よりお問い合わせ頂きましたので、採用特典についてお知らせいたします。

写真採用させていただきましたお客様には、「ご購入金額3000円以上で一部と、ご入選分と致しましてもう一部、合計二部お送りさせて頂きます。」 とお答えさせて頂きましたところ、大変お喜びいただけました。
良い記念品になれればと期待致しております。

Page 1 of 66 1 2 3 4 ... 66 »