バードルーム(飼料試食班の小鳥部屋)日記

低温自動倉庫の出番

2019年04月20日

低温自動倉庫 外観

低温自動倉庫 内部


暖かくなりましたね。暖かくなると心配なのが、虫の活動が活発になることです。

飼料の材料は畑で収穫された時点ですでに各種の昆虫類がはいっている事は避けられません。
色々な選別作業を行いますが、これらを完全には取り除けません。さらに、穀物に産みつけられた卵などは選別では取り除けません。

低温倉庫では冬眠状態で虫の成長を停止させます。

原料を保存する自動倉庫へ入庫時点では、虫の幼虫や虫卵は完全除去は不可能ですが、弊社では無酸素包装にて製品化しています。
酸素が無くなる事で、幼虫、さなぎ、成虫は、勿論の頃、穀物内に産みつけられた卵に至るまで、この時点で死滅させることが出来ます。
飼料を一度冷凍することで虫の卵を死滅させる方法が有りますが、小社飼料は脱酸素包装で既に死滅しており、品質劣化を招く冷凍などの作業は不要です。

残念なことに、選別でどうしても取り除ききれなかった虫の死骸が混入する事は避けられません。虫の死骸が出てくることは有りますが、私の知る限りでは実害事例はありませんので、この辺の事情はご理解頂けませんでしょうか。

三日月インコ達も

2019年04月18日

ミカヅキインコ メス

ミカヅキインコ オス


16日のバードルーム日記で「天女インコの繁殖時期が来たようです」とご報告しましたが、三日月インコ達もそのような感じに見えます。
巣箱を付けることにしょうと思いますが、今までは文鳥とオカメインコ達ばかりが巣箱を占拠ししまいました。
今回は、オカメインコと文鳥をバードルームには最小限の羽数にして、三日月インコ達にも巣箱を使用してくれるように致します。

天女インコが

2019年04月16日

天女インコ

天女インコ


最近暖かい日も多くなり春めいて来たからでしょうか、天女インコ達が繁殖時期に入るかも知れません。
オス鳥が頭の毛を立てたりして、メスにアピールしたりしています。今日はメスにゴハンを与えていました。

今時点では巣箱は設置されていませんが、設置するとオカメインコと文鳥ばかりが増えてしまいますので、どうするか迷っております。

カレンダー写真応募始まってます

2019年04月13日

2019年カレンダー 表紙

2019年1月 カレンダー

2019年カレンダー 2月

2019年カレンダー 3月

2019年カレンダー 4月


来年の2020年カレンダー、お客様掲載写真のご応募受付は五月末までとなっており、残すところ約一ヵ月半となりました。

毎年感じるのですが締め切り日(5月末日)に近づく頃が一番集中してしまい、選考等の作業が大変になります。
サイズが小さい、ご応募頂いた電話番号が違うなど、エントリーできないご応募であった場合、再度のご応募をお願いすることがあるのですが、ギリギリですとその時間が有りません。
時間に余裕を持って、ご応募いただけると助かります。
ご応募予定の写真がございましたら、すぐお送りいただけますと助かります。

カレンダーにかわいいお客様方の小鳥さんが掲載されますと、すばらしい記念品になると思います。お気軽に写真お送り頂けますようお待ち致しております。

今回のゴールデンウィークは大変です

2019年04月11日

ウスユキバト(薄雪鳩)

ハゴロモインコ


ゴールデンウィーク中は、運送会社様も休日体制や休業となり、無理に営業して出荷しても営業所内で荷物が止まってしまい、結局配達は、ゴールデンウィーク明けになるとの連絡を受けました。
その為、4月27日より5月6日までの10日間を休日とさせて頂きます。
ゴールデンウィーク前にお受け取り希望のお客様は、北海道は4月19日出荷まで、その他地域は22日~24日出荷までとなりますので、お早めにご注文下さい。
休日中でも「ショッピングカート」「ファックス」 「メール」などの方法で、ご注文いただけます。
ご注文分は休日明けに、ご注文順に発送させていただきます。
大変ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒よろしくお願い致します。

新クリアファイルに

2019年04月9日

クリアファイル セキセイインコ

クリアファイル ミカヅキインコ


大好評でしたセキセイインコのクリアファイルが、残り少なくなりました。
次はミカヅキンコ(三日月インコ♂)のすてきなファイルになります。

ファイルのプレゼントも、お客様方より大好評を頂いております。
それならもっと多くのお客様に、お配りさせて頂きたいと思い、プレゼント条件を今回のミカヅキンコ(三日月インコ♂)のクリアファイルより変更させていただきます。

今まで、ご購入金額3000円以上でしたが、2500円以上に引き下げさせて頂くことになりました。
また初めてご注文頂けましたお客様には無条件でお送りさせていただきますので、ぜひご愛用ください。

ピーナツの皮を

2019年04月6日

ウスユキバト(薄雪鳩)

ウスユキバト(薄雪鳩)の集めたピーナツの皮


ウスユキバト(薄雪鳩)の集めたピーナツの皮

さや付きピーナツをオウムさん達が皮を剥いてたべています。
下に落ちたピーナツのさやを、ウスユキバト(薄雪鳩)が拾ってくわえて植木の根元や気に入った場所に持って行き、その上にすくんでいました。
たぶん巣材にするつもりではないか?と思います、断熱効果が有りそうですですよね?

びっくりしました

2019年04月4日


今日もバードルームで撮影していたら、私のすぐ横にある止まり木に、以前ここで誕生した錦静鳥の若鳥さんが止まりました。
人を恐れる感じが全然しません。そこで、そっと手を差し伸べると鳥さんのほうから私の手を「チュンチュン」とつつきにきてくれました。
親鳥に育てられていたのに、ここまで人を恐れないのには驚きました。写真が撮れなかったのは残念でした。

迷惑してます

2019年04月2日

姫ウズラ

ウスユキバト(薄雪鳩)


文鳥のお子さん

この前産まれた文鳥のヒナ鳥は、もう十分独り立ち出来ました。

最近、姫ウズラとウスユキバト(薄雪鳩)の背中に乗ることを覚え、よく乗っています。
乗られた方の鳥さん達はかなり嫌がっています。文鳥の子供達にしてみれば暖かいからだと思いますが、しかし、ウズラとハトたちは「やめてほしい!」といっていますが・・・。
困ったものです。なかなかの暴れん坊ですね。

4月カレンダー

2019年03月30日

YUKI OKAMEINKO様

そらさく様


4月カレンダーもみんなとってもかわいいです。
上下がひっくり返るほど首をかしげたショットの「そらさく様」や、とつても写真に撮るのが大変だったと思われる「YUKI OKAMEINKO様」の写真には、そのご苦労が良く解ります。
私もバードルーム日記の写真撮影にはいつもその難しさを感じています。

ぜひ今年のカレンダー応募写真にもご投稿をお待ち申しあげております。

仲良しです

2019年03月28日


オカメインコはとってもおとなしいインコさんです。他の小さい小鳥さん達を虐めることも有りませんし、インコとフィンチ等の混合飼育にはお奨めのインコさんです。
以前オカメインコ用に巣箱を設置していたときには、同じ巣箱の中の奥の方でオカメインコが巣引きをし、入り口近くで文鳥が卵を孵していました。外に居るときも写真の様にとっても仲良しです。

穀物が不作です

2019年03月26日

バードルームの様子

自動倉庫内部


自動倉庫内部

小鳥さんのごはん原料を弊社では、品質の良いオーストラリア産とカナダ産に重点をおいて調達しています。
異常気象で両国とも不作になりましたので、現在では新規調達はむつかしいです。
以前設備致しました「低温自動倉庫」にて、飼料の材料は以前に調達いたしました材料を、休眠状態にて材料劣化の少ない状態で保管していますので、しばらくの間は大丈夫だと思います。

巣箱の取り合い

2019年03月23日


最初は秋草インコが、ボタンインコ用の巣箱を自分達の巣箱にしていました。

しばらくすると、ここで巣引きする予定でしょうか?錦静鳥が、ここを横取りしました。
しかし、秋草インコもあきらめ切れません。
その結果、錦静鳥が巣箱の着地台にいると上から頭をつつきます。頭をつつかれる為、錦静鳥の頭は少しずつ禿げて来てます。私の頭よりは今のところましですが、この先どうなることやら・・・。私の頭ようにならなければ良いのですが。

キョンシー歩きで

2019年03月21日

ミカヅキインコ

三日月インコのオスは、すこし発情期に入ったのかは解りませんが、雌に近づく時は「ピヨンピヨン」と、さながら昔の映画のキョンシーの様な歩き方で、メス鳥に近づきます。
しかし、メス鳥の方は雄を無視しています。
また他の鳥さん達を威嚇する時も、この歩き方で近づきます。
威嚇効果はバツグンです。みんなすぐ怖がって逃げていきます。

あれ?求愛?威嚇? 彼の愛はなかなかメス鳥に伝わらないようです。

天人鳥が換羽

2019年03月19日


一時少し暖かな日が続きましたが、また寒くなる日も有ります。
小鳥さん達は春の訪れを感じているようです。天人鳥が夏季バージョンのスタイルに変わりました。
この鳥はここには2羽いますが、もう一羽の方は冬毛から少しずつ変わる途中です。

こういった、フィンチ達は人にはいつまで経っても人に慣れてくれません。カメラを向けるだけですぐ逃げますので、写真撮影はむつかしいです。

かわいいセキセイインコ

2019年03月16日


バードルームで飼育スタッフが作業をしていると、手乗りで育てた事もないセキセイインコのクリームの仔が飛んできて、肩や背中に留まりペチャクチャと何かおしゃべりをしています。
何をしゃべっているのかは良く解りませんですが、ずーと留まっていて約20分ぐらいしやべり続けてくれてます。

飼育のし易さ、繁殖の容易さ、見た目の可愛さ、人との接し方等、入手のし易さ等、様々な要素を考えるとセキセイインコと文鳥は、手乗り鳥のナンバーワンかもしれませんね。

クリアファイル が

2019年03月13日

クリアファイル セキセイインコ

ミカヅキインコ


現在プレゼント中のクリアファイルに「とっても可愛かったです」と等の好評価を、沢山頂きました。誠にありがとうございます。
こんなにも皆様方にお喜び頂けるなら、もっと多くのお客様方にもお送りさせて頂きたいと考えました。

ファイル制作費用もかなり掛かりますしむつかしい問題もございますが、次回のクリアファイルでは制作数を増やします。
また、本日よりキクスイに初めてご注文頂けましたお客様には、ご購入金額に係わらずお初回時に送りさせて頂きます。

多くのお客様方にお喜び頂けますよう、がんばりますので今後とも、何卒よろしくお願い致します。

かしこいミミーちゃん

2019年03月12日

ミミーちやん

スミちゃん


先週の夜地震が有りました。私は目がさめましたが妻(店長)は地震に気がつかなかったそうです。

以前の地震の時、初期グループの保護猫のミミーちやん(雄)は揺れると同時にサーツとイスの下に避難していきました。だれに教わった訳でもないのに、とっさにこの様な避難行動がとれるのには感心させられました。
もう一匹のスミちゃん(雌)は私達の顔を大丈夫でしょうか?と聞いているように見つめていました。
ちなみに人間の私達はただボーツトしているだけでしたが。

保護ネコたち

2019年03月9日

シロちゃん

手前:ミルニー
中央:マロニー
奥:スタンプ


ここには2グループの保護ネコ達が居ます。最初からいるグループは多い時は6匹いました、でも次第に天寿を全うし今では2匹です。

後のグループは、シロちゃん(リーダー)、マロニーちゃん(母ネコ)、ミルニーちゃん♂、スタンプちゃん♀(マロニー の子供たち)の4匹が保護されました。
シロちゃんは、野良猫なのに最初から愛想がよく、人にも馴れていました。朝は、ニャー(オハヨー)と挨拶しながら、登場してきました。
今では保護されて、キクスイのネコ社員(営業部長)になり、このグループの信頼されるリーダーでもあります。

残念でした

2019年03月7日


この前、コモンチョウ(小紋鳥)が産卵をし、雛鳥が孵化しました。
親鳥も最初は一生懸命育ててくれていました。でも途中からどうやら十分にエサやりをしなくなったようで、雛鳥たちは残念なことに落鳥してしまいました。
この小紋鳥のカップルは若い鳥で、初めての産卵でしたので、まだ育て方がよく解らなかったかも。初産卵では良くあることでもありますので次回に期待致します。

Page 1 of 69 1 2 3 4 ... 69 »